読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きざかりの中高年脳卒中闘病記(灯病記:高血圧は命にかかわる病気です)

46歳にして、突然に襲ってきた脳出血という予期せぬ大病。発病後10年経過し、振り返りまとめてみました。病と闘った闘病記ではなく、自分自身をどこかに導いてくれる灯台のように感じましたので灯病記としました。


 

感謝できる幸せ働きざかりの『中高年脳卒中灯病記』

はじめに

★脳内出血発症からリハビリ・社会復帰までの体験記録

ちょうど12年前、今年と同じオリンピックが開催されていた7月30日のことでした。

朝起きると気分が悪かったので、少し休んで再び起きようとしたら

頭の中で「プチッ」と音が聞こえたような気がしました。

              

     Life


同時に左半身の力が抜け、全く力が入らなくなり起き上がることなどできません。

声もなんとかでるくらいで、何とか子供の名前を数回呼ぶことができました。

 

幸いにも娘に声が届き救急車で病院に搬送されることになりました。

 

ちょうど同じ時期に長嶋さんが脳梗塞で倒れています。

 

長嶋さんは発症当時一人だったために、

病院に搬送されたのは10時間以上経過した後だったと聞いています。

 

その日を境に私の人生は大きく変わっていったのでした。

続きを読む

脳内出血に感謝できるまでに回復したリハビリ日記

はじめに

★まとめ記事を書くチャンスを与えられたことに感謝しています

 

先日、ブログ読者になって下さった方は、半年ほど前に脳内出血を発症されています。

私がこのブログを始めてから1年半になりますが、

脳卒中体験者の方が読者になって下さったのは初めてのことだと思います。

 

 d5a76さんのブログはとても綺麗でわかりやすく、よくまとめられています。

片麻痺のほかに記憶・高次脳機能障害があり現在リハビリ中とのことです。

 

私は、身体の左片麻痺の障害だけでしたので、

記憶障害や高次脳機能障害がプラスされると、どんなに大変か想像もつきません。

                        Test!

リハビリ専門病院に転院した際に、高次脳機能障害の診断テストがありました。

正直これができなければ、自分が自分でなくなってしまうと恐怖を感じました。

続きを読む